ごぼうの党(奥野卓志党首)がなぜ怪しいといわれるのか理由は?公約と目的やごぼうの意味を調査

2022年の参議院選挙(7月10日投開票)に出馬する新党のごぼうの党

謎の団体として、公示前から注目を集めていました。

タレントが出てくるのでは・・?という噂もありましたが、候補にタレント、芸能人はいませんでした。

ごぼうの党の党首代表は奥野卓志(おくのたかし)氏という48歳の実業家です。

新しい党ということもあり・・

ネット上では「怪しい」「よくわからない」などという声がありました。

なぜごぼうの党が怪しいといわれるのか?

また公約や目的と「ごぼう」の意味について調査し、まとめました。

目次

ごぼうの党についての声

謎が多い新党ということもあり、

Twitterなどでは、怪しいなどの声が散見されます。

ごぼうの党が怪しいといわれる理由は?

なぜごぼうの党が怪しいと言われるのか、調査・分析してみました。

決意表明の動画がアバター

現在は、党首代表は奥野卓志(おくのたかし)氏ということがわかっていますが、

公示があるまでは、決意表明の動画はアバターでした。

しかも名前も「nayuta(なゆた)」さん・・

えっ・・なにこれ、どういうこと?本当?と思う方もいらっしゃるのかもしれませんね・・。

特に年齢層が高い方は。

しかし、選挙離れしているという若者は興味を持つきっかけになるかもしれません。

あえてそういう戦略だったのなのかなぁとも思いますね!

芸能人や有名人が応援・・

ごぼうの党を有名人が応援しています。

奥野卓志(ごぼうの党代表)のガーシーやヒカルなどの有名人との交友関係のまとめ

今現在(2022.6.26)時点で・・

山下智久
山田孝之
ヒカル(youtuber)
宮迫博之
ロンブー・淳
ONE OK ROCK taka
GACKT

また、スポーツアドバイザーという要職に格闘家の朝倉未来氏が就任しており、

23日の演説には格闘家のボブ・サップとピーター・アーツもいました。

こうして見ると豪華な有名人たちに支援されているなぁなんて思いますが、

そこも怪しいな、胡散臭いと感じる人もいるみたいですね。

今後の演説に誰と出てくるか?も注目を集めそうですね。

演説はお面

決意表明の動画はアバターでしたが、演説はお面でした。

演説でも素顔がわからない・・

どんな表情で話しているかもわからないですし、

熱意や想いが伝わりにくそうだなとおもいますが、

これも戦略のうちでしょうか。

公約と目的は?

明確な公約というのが現在の段階ではわかりませんでした。

ホームページには

ただ、シンプルに笑顔と喜びを守る
文化
エンターテイメント
アスリート
食の安全を守る

そんな政党があっても良いと思います。

とありました。

芸能人やスポーツ選手の応援賛同を得ていること(文化・エンターテイメント・アスリート)

奥野氏自身も経営者で飲食業をされているようなので、

そこから「食の安全」ということが出てくるのかなと想像しました。

また、

真実・・・堂々と本音で議論出来る社会を目指します
愛・・・・与え合って許し合って協力しあえる社会を目指します
笑顔・・・何よりも笑顔が一番です

ともありました。これは・・目的や目標のようなものかなと思います。

そしてみんなでやりたいこととして、

TwitterやSNSで結果を報告します。
フォロワーやリツイート、アンケートの人数が
1000万人2000万人を超えてきたならそれは東京都の人口に匹敵します。
そうなったら誰も私たちを無視できません。
私達はSNSを使って政治を筒抜けにして丸裸にします
1000万人2000万人束になってみんなで国会に乗り込みませんか?

こちらはわかりやすいですね!

SNSを使い、政治を透明化していきたいということですね。

今は若者以外もSNSを使うので、賛同する人も多いかもしれません。

「ごぼう」の意味は?

演説後にごぼうの党の由来について以下のように語っています。

食を守りたいというのがある。だから野菜をイメージしたかった。ごぼうは可食部が1メートルあるんですよ。深いところまで意味がある、根が深いということで、実はパフォーマンスしてますが、おふざけじゃない、深いところまで意味があるよと。あと、辞書で調べると生薬として毒素を出し、悪いものをやっつけるともある

しっかり意味と意図があり、「ごぼうの党」にしたと説明していました。

まとめ

公約など不透明な点がまだありますので、

演説などでわかり次第追記しようと思います。

ごぼうの党(奥野卓志党首)がなぜ怪しいといわれるのか理由は?公約と目的やごぼうの意味を調査
奥野卓志(ごぼうの党代表)のガーシーやヒカルなどの有名人との交友関係のまとめ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる